ゆがみ4.jpg

肩首こり・慢性腰痛・坐骨神経痛・膝痛・猫背

頭関連.jpg

頭痛・不眠・自律神経・うつ・パニック

ハートマーク.jpg

不妊・マタニティ・産後骨盤・更年期

栄養指導の絵3.jpg

分子栄養学を基礎とした

栄養カウンセリング

事故車車.jpg
むちうち専門治療

自賠責保険適用

【自律神経症状】頭痛・不眠・不安・つらい など でお悩みのあなたへ…

心と体の悩みは自律神経が80%を占める

自律神経はセロトニンに制御される
​だからセロトニンを調整する!

脳科学を基にしたエビデンスのある整体【大阪では4か所のみ】

 うつ症状・自律神経症状は脳内ホルモンの乱れ 

自律神経失調症やうつ症状を心の問題ととらえ自分の心が弱いからと自分を追い込んでいませんか?


そうではなくて、強いストレスにより、脳内ホルモンのバランスを崩してしまっていることが大きな原因の1つです。

◎ドーパミン

快楽と意欲をもたらし、報酬を前にして、努力するときに働く。

向上心やモチベーション、記憶や学習能力、運動機能に関与する。

働きが弱ると食欲や性欲が落ち、活発な行動ができなくなります。

一方で強るぎると、快楽を求める気持ちが抑えられなくなり、アルコール、買い物、ギャンブルなどの依存症を引き起こすと言われています。

●仕事で良い成績を残したい
●テストで良い点を取りたい
●資格を取りたい
●美味しいものを食べたい
●美しくなりたい、やせたい
●異性と交際したい
などの強い欲望によるストレス欲求が抑えられなくなる

・アルコール依存症 ・薬物依存 ・過食症

・買い物依存    ・ギャンブル依存

などの様々な依存症の原因になる。

◎ノルアドレナリン

危機管理の働きをしており、交感神経を刺激して、一瞬にさまざまな情報を分析し、それまでの経験を踏まえて最善の行動を選択させます。(闘争か逃走か)

物事への意欲の源であり、怒りや不安、恐怖などの外部からの刺激に反応し、脳の働きを活発にします。

●暑い寒いなどの気候による刺激
●身体的な苦しみ、痛みやかゆみ全身の倦怠感
●テスト、試験などの緊張する場面
●他人との摩擦
●職場の人間関係や仕事が上手くいかない
●家族や親戚との不仲
●子育ての悩み
●友人や近所とのトラブル
など外部刺激によるストレス過剰になると、怒りっぽく、落ち着きがなくなる

・キレやすい  ・イライラ  ・うつ病

・パニック障害 ・強迫性障害 ・対人恐怖症

などになる可能性がある。

◎セロトニン(幸せホルモン)

・ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、バランスを整えることで、ストレスを緩和し、心の平穏を保つ働きがあります。

・セロトニンは他人に認めてもらえない事によるストレス時に分泌されます。

・セロトニンが不足すると、すべてのストレスを過剰に蓄積することになり、結果、うつ、不眠、パニック、精神不安などの症状へと発展していくこともあると医学的に考えられています。

●セロトニンの5つの働き

自律神経を整えたり、ドーパミンとノルアドレナリンのバランスを整えます。

 

1.大脳皮質を覚醒させ、意識レベルを調整する

2.心の安定

​3.自律神経の調整

4.痛みの抑制

5.姿勢の維持(抗重力筋)

 

●日中に活動しない不規則な生活
●疲労
●運動不足
●電磁波を浴びすぎる
●家族や恋人のために料理を作ったのに、味付けに不満を言われた
●取引先や上司のために休日返上で働いたが、評価されなかった
●誕生日や記念日に送ったプレゼントを、気に入らないと突き返された
など

 セロトニン不足になる原因は… 

◎原因は、「疲労の蓄積」と「ストレスの蓄積」

疲労については、「体の疲労」と「脳の疲労」が考えられます。

 

ストレスについては、「体のストレス」と「脳のストレス」が原因になります。

 

このどれか1つ又は全ての疲労やストレスが蓄積し、自分の限界を超えてしまった時に症状が出ると考えます。

◎ストレス 

生理学者ハンス・セリエ博士

「何かしらの刺激が加わったときに人間のからだが適応するプロセス」を「ストレス」と表現した。

1.体のストレス

運動後の疲労や、慢性的な痛み、熱いものに触ってできたやけどなど、からだへの刺激によるもの。
 

2.脳のストレス

「心」が感じるものとしてかんがえられており、対処法もよくわからず、あやふやなイメージがある。

最新の脳科学では、体のストレス・脳のストレス共に脳が感じているということが明らかになっています。

ストレスを受けると視床下部の室傍核に刺激が伝わります。
 

ストレスがかかり続けると、縫線核にあるセロトニン神経の電気信号のペースが落ち、セロトニン量は減ります。

こうなると、ドーパミンやノルアドレナリンの過剰分泌を抑えられません。

 

セロトニンは自律神経も制御しています。

 

セロトニンが不足することで、自律神経が乱れます。

◎特にやっかいなストレスとは…

特にやっかいなストレスとは、現在進行形の悩みだけでなく、過去に解消されていない嫌な思い出・失敗・トラウマなども現在進行形のストレスと同じなのです。
 

過去の事は消せない。


過去の事を思い出しても、セロトニンがしっかり出ていれば、そのストレスを打ち消してくれます。

 世界初の施術療法『セロトニン活性療法』

世界初と言えるのは、脳に対するアプローチで科学的エビデンスが立証されているのはおそらく『セロトニン活性療法』だけだからです。

うつ症状、自律神経の乱れ、パニック障害、不眠症、不妊症などの問題の一番の原因はストレス。

このストレスの影響が強まってくると、頭蓋骨が歪み、自律神経が乱れ出し、様々な症状を引き起こしてしまいます。

そして、そのストレスを緩和し、心の平穏を保つ働きがある脳内物質がセロトニンです。

たった15分ほどで、うつ症状、自律神経の乱れ、パニック障害、不眠症、不妊症による落ち込んだ気分をスッキリさせることができます。

うつ症状、自律神経の乱れ、パニック障害、不眠症、不妊症などの原因がストレスであり、そのストレスを緩和するには、脳内物質であるセロトニンが重要なカギを握っているのです。

セロトニンを

意図的に分泌する施術

「セロトニン活性療法」

お任せください。

セロトニン活性療法協会の認定試験に合格した認定調律師による施術です。

 

脳活性療法の上位施術である、セロトニン活性療法の施術は、体内のセロトニン増加量のエビデンス試験を第三者機関で実施し、その結果を学会誌に掲載しています。

初めての方限定特典

9,000

(税抜)

(初診料 2,000円 + 施術料 7,000円)

4,500

(税抜)

50

OFF

1日1名限定

ご予約時にホームページを見たと言ってください

 
LINE予約こちら.jpg

※当日のご予約はお電話で願いします。

ご予約・お問い合せはこちらへ

営業時間

予約受付時間

10:00~12:30​ 14:30~19:00

​土は17:30まで

ネット予約.jpg

定休日

曜日、日曜日、祝日

LINE予約.jpg

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5 グランシャルム1階

せいこう整骨院

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5

グランシャルム1階

© 誠巧整骨院

ご予約・お問い合せはこちらへ

LINE予約.jpg
ネット予約.jpg