ゆがみ4.jpg

肩首こり・慢性腰痛・坐骨神経痛・膝痛・猫背

頭関連.jpg

頭痛・不眠・自律神経・うつ・パニック

ハートマーク.jpg

不妊・マタニティ・産後骨盤・更年期

栄養指導の絵3.jpg

正分子療法

血液栄養分析

事故車車.jpg
むちうち専門治療

自賠責保険適用

頭痛・不眠・不安・つらい など 自律神経症状でお悩みのあなたへ…

心と体の悩みは自律神経が80%を占める

から自律神経整体が必要です!

脳科学を基にしたエビデンスのある整体(大阪では4か所のみ)

自律神経整体協会logo.png

 自律神経は体をコントロールする 

自律神経は意思とは関係なく自動的にはたらき、呼吸、血圧、体温、水分、消化、新陳代謝、性機能など生命に関わる重要な機能を調整します。
 

自動的にはたらいているものの、制御がきかなくなるから原因不明の訳の分からない辛い症状がでるのです。

まず、自律神経を正常化・安定化させる事が必要です。

その自律神経は、脳にある脳幹と呼ばれる場所で、そこに自律神経の中枢があります。

脳の中では神経細胞のネットワークがあり、相互にやりとりをしているのはなんとなくでもご存知かと思います。

自律神経とやりとりをしている他の場所も大事で、自律神経を中心として関係のある場所の働きを良くしていく必要があるのです。

 脳幹は生命維持装置 

脳幹は中脳・橋・延髄からなり、延髄には間脳の視床下部の指令を受ける自律神経の中枢があり、血液循環、呼吸、嚥下や嘔吐、せきやくしゃみを調節している。

 

大脳が情報を処理して判断する「意識的な活動の中枢」であるのに対して、脳幹は人間の「生命を維持する中枢」です。

◎自律神経の中枢(延髄)の位置

延髄は、頭蓋骨(後頭骨)と第1・2頸椎(首の骨)あたりに位置しています。

もし、後頭骨と第1・2頸椎がずれると延髄が歪まされたり圧迫されたりのストレスが生じる。

先ずは、その様な物理的ストレスを解消するために、歪み調整が必要です。

 脳がストレスを感じた反応は体の各部位へ伝えられる 

ストレスに自律神経が反応し、交感神経が働き過ぎたり、副交感神経が働き過ぎたり、両方の働きが低下したりすると、下記の様な活動が働き過ぎたり、働かなかったりします。
 

それが症状と呼ばれるものです。

自律神経は脳から直接又は背骨を通って各器官に届きます。
 

背骨の歪みも自律神経に物理的ストレスを与えます。

各器官での例

上図から自律神経の症状を推測

●交感神経が亢進していると

・ 勝手に心臓がドキドキ

・ 蛍光灯程度の光をまぶしく感る

・ つばが出にくい・口が乾く

・ 手足は冷えているのに汗で湿っている

・ 急に血圧が高くなったりする。

ストレスがかかると交感神経が亢進します。

ストレス社会においては、交感神経が亢進する事になります。

●副交感神経が亢進していると

・ 動くのがしんどい・動けない(心拍数が上がらない)

・ 暗いところで物がよく見えない

・ 大量につばが出る

・ 運動をしていないのに、急に大量の汗が出たりする

・ 低血圧で朝から元気が出なかったり、ふらつく

ストレスがかかりすぎて交感神経が働けなくなったり、普段から活動的な生活をしていないと、副交感神経が亢進する事になります。

 ストレスは自律神経以外にも影響する 

人間関係などによる精神的ストレスを受けた時は、まず大脳皮質や大脳辺縁系が興奮し、それが視床下部の室傍核に伝わります。

視床下部の室傍核は、ストレスに対応するための司令塔です。

1.交感神経が反応 

自律神経の交感神経が亢進する。

「下垂体後葉」からホルモンを放出。

交感神経刺激→下垂体後葉→副腎髄質へと信号が伝わります。

副腎髄質から、カテコールアミン(ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン)を分泌します。

2.内分泌系が反応 

視床下部から分泌を指示するホルモンが出され、視床下部の下に位置する「下垂体前葉」がその刺激を受けてホルモンを放出。

 

視床下部室傍核→下垂体前葉→副腎皮質へと信号が伝わり、下垂体前葉から、成長ホルモン、乳腺刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、性腺刺激ホルモン、副腎皮質刺激ホルモンが分泌されます。

◎副腎皮質から分泌されるホルモンの影響 

ストレスがかかりっぱなしで、副腎皮質ホルモンが分泌され続けると、副腎皮質ホルモンの材料であるコレステロールが枯渇します。

そうなると、コレステロールを材料としているホルモンが作れなくなり、必要量より少なくなってしまいます。

 

代表的なものは、女性ホルモン。

 

不妊、更年期障害などの女性特有の症状となって現れます。

その症状に、自律神経系の症状が重なるので、本人はとてもつらくなってしまうのです。

注:ホルモン分泌の問題ではなく、根本原因は、各種ストレスという事はお忘れなく。

ストレスがかかると、視床下部・自律神経・脳下垂体が様々な器官にはたらきかけて反応をおこします。

ストレス反応が長期にわたり続くと、高血圧や糖尿病の原因となる他、免疫力の低下、うつ病、自律神経障害などが起きやすくなります。

 残念ながら生きているとストレスはかかる 

◎ストレス 

生理学者ハンス・セリエ博士

「何かしらの刺激が加わったときに人間のからだが適応するプロセス」を「ストレス」と表現した。

刺激によるストレスには、大きく二つの種類がある

1.身体的ストレス

運動後の疲労や、慢性的な痛み、熱いものに触ってできたやけどなど、からだへの刺激によるもの。
 

2.精神的ストレス

「心」が感じるものとしてかんがえられており、対処法もよくわからず、あやふやなイメージがある。

最新の脳科学では、身体的・精神的ストレス共に脳が感じているということが明らかになっています。

◎ストレスに負けると症状がでたり病気に

人がストレスを受けると、脳ではそれを排除しようとします。

 

その時、ストレスを伝える伝達物質と、それを抑える抑制物質がでます。


長期間のストレスがかかり続けると、ストレスホルモンが出続け、セロトニンが減り、同時に、脳の活動も低下。
 

ストレスを排除できないと、脳は無駄な体力を消耗しないよう、免疫をはじめとする体の機能を低下させます。
 

このように体力や免疫力が落ちた状態が長続きすると、うつ病や胃潰瘍などの病気を引き起こしてしまいます。

ストレスがやっかいなのは、現在進行形の悩みだけでなく、過去に解消されていない嫌な思い出・失敗・トラウマなども現在進行形のストレスと同じなのです。

◎伝達物質、抑制物質 
 

快をもたらすドーパミン、不快にかかわるノルアドレナリン。

どちらも適度な分泌であれば、意欲や快感をもたらし、危険から身を守ってくれます。
 

しかし、

分泌量が多すぎると暴走し、依存症やパニック障害を引き起こします。

 

ドーパミン不足でパーキンソン症候群は有名ですね。

そのドーパミン・ノルアドレナリンを調整しているのがセロトニンです。
 

それぞれの脳内物質が過剰になったときに歯止めをかけ、脳を安定した状態に導きます。

 

セロトニンはドーパミンやノルアドレナリンのように増えすぎて暴走することはめったにありません。

しかし、セロトニンは長期間のストレスで減ります。

●ノルアドレナリン

危機管理の働きをしており、交感神経を刺激して、一瞬にさまざまな情報を分析し、それまでの経験を踏まえて最善の行動を選択させます。(闘争か逃走か)

物事への意欲の源であり、怒りや不安、恐怖などの外部からの刺激に反応し、脳の働きを活発にします。

過剰になると、怒りっぽく、落ち着きがなくなる

・キレやすい  ・イライラ  ・うつ病

・パニック障害 ・強迫性障害 ・対人恐怖症

などになる可能性がある。

●ドーパミン

快楽と意欲をもたらし、報酬を前にして、努力するときに働く。

向上心やモチベーション、記憶や学習能力、運動機能に関与する。

働きが弱ると食欲や性欲が落ち、活発な行動ができなくなります。一方で強るぎると、快楽を求める気持ちが抑えられなくなり、アルコール、買い物、ギャンブルなどの依存症を引き起こすと言われています。

欲求が抑えられなくなる

・アルコール依存症 ・薬物依存 ・過食症

・買い物依存    ・ギャンブル依存

・欲望を抑えられなくなる

などの様々な依存症の原因になる。

 

​※ドーパミン不足でパーキンソン症候群

◎セロトニン(幸せホルモン)

・ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、バランスを整えることで、ストレスを緩和し、心の平穏を保つ働きがあります。

・不足すると、すべてのストレスを過剰に蓄積することになり、結果、うつ、不眠、パニック、精神不安などの症状へと発展していくこともあると医学的に考えられています。

●セロトニンの5つの働き

1.大脳皮質を覚醒させ、意識レベルを調整する

2.心の安定

​3.自律神経の調整

4.痛みの抑制

5.姿勢の維持(抗重力筋)

●セロトニンの正常な放出を邪魔するもの

 

それは「かかり続けるストレス」です。
 

ストレスを受けると視床下部の室傍核に刺激が伝わります。
 

ストレスがかかり続けると、縫線核にあるセロトニン神経の電気信号のペースが落ち、セロトニン量は減ります。

 

こうなると、ドーパミンやノルアドレナリンの過剰分泌を抑えられません。

 セロトニン不足になる原因はストレス 

◎ストレスの内分泌系ライン

 

内分泌系(視床下部室傍核→下垂体前葉→副腎皮質)のストレス反応ラインは、セロトニンでは制御できません。

内分泌系のストレス反応ラインの制御に必要なもう一つの神経伝達物質も必要です。

もう一つの神経伝達物質は、脳の視床下部の室傍核にあるストレス中枢を直接抑制し、ストレスから起きる病気の原因を摘み取ってくれます。

下図の、脳下垂体や縫線核への2つのストレスラインが抑制される事になります。

もう一つの神経伝達物質〇〇〇〇〇は、癒し、母子の絆、男女間の愛情、不安や恐怖の軽減、ストレスを抑圧する、などの効果があることが解りました。

セロトニンと〇〇〇〇〇で、ストレスを打ち消す力を取り戻し、自律神経・内分泌機能がしっかり働ける体を取り戻しませんか?

セロトニンを

意図的に分泌する施術を中心にした、

「セロトニン活性療法」に

お任せください。

セロトニン活性療法協会の認定試験に合格した認定調律師による施術です。

 

セロトニン活性療法の施術は、体内のセロトニン増加量のエビデンス試験を第三者機関で実施し、その結果を学会誌に掲載しています。

初めての方限定特典

9,000

(税抜)

(初診料 2,000円 + 施術料 7,000円)

4,500

(税抜)

50

OFF

1日1名限定

ご予約時にホームページを見たと言ってください

 
LINE予約こちら.jpg

※当日のご予約はお電話で願いします。

ご予約・お問い合せはこちらへ

営業時間

予約受付時間

10:00~12:30​ 14:30~19:00

​土は17:30まで

ネット予約.jpg

定休日

曜日、日曜日、祝日

LINE予約.jpg

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5 グランシャルム1階

せいこう整骨院

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5

グランシャルム1階

© 誠巧整骨院

ご予約・お問い合せはこちらへ

LINE予約.jpg
ネット予約.jpg