ゆがみ4.jpg

肩首こり・慢性腰痛・坐骨神経痛・膝痛・猫背

頭関連.jpg

頭痛・不眠・自律神経・うつ・パニック

ハートマーク.jpg

不妊・マタニティ・産後骨盤・更年期

栄養指導の絵3.jpg

分子栄養学を基礎とした

栄養カウンセリング

事故車車.jpg
むちうち専門治療

自賠責保険適用

頭痛・不眠・不安・つらい など 自律神経症状でお悩みのあなたへ…

心と体の悩みは自律神経が80%を占める

から自律神経整体が必要です!

脳科学を基にしたエビデンスのある整体【大阪では4か所のみ】

%E6%9D%89%E6%9C%AC%E3%81%95%E3%82%93%EF%
IMG_4440_edited_edited.jpg
IMG_1287_edited_edited.jpg
IMG_0603_edited_edited.jpg
%2525E5%2525A5%2525A5%2525E7%252595%2525
%25E8%25B0%25B7%25E5%258F%25A3%25E3%2581
%25E5%25B1%25B1%25E5%2585%2583%25E3%2581
IMG_4782_edited_edited_edited.jpg
IMG_1289_edited_edited.jpg
IMG_4474_edited_edited.jpg
IMG_1255_edited_edited_edited.jpg
自律神経整体協会logo.png

 その他の自律神経症状が出る理由 

 自律神経は体をコントロールする 

自律神経は意思とは関係なく自動的にはたらき、呼吸、血圧、体温、水分、消化、新陳代謝、性機能など生命に関わる重要な機能を調整します。
 

自動的にはたらいているものの、思わしくない方向にはたらくと原因不明の訳の分からない辛い症状がでるのです。

まず、自律神経を正常化・安定化させることが必要です。

その自律神経は、脳にある脳幹とよばれる場所で、そこに自律神経の中枢があります。

脳の中では神経細胞のネットワークがあり、相互にやりとりをしているため、自律神経以外のほかの場所も大事です。

自律神経を中心として関係のある場所のはたらきを良くしていく必要があるのです。

 脳幹(自律神経の中枢)は生命維持装置 

脳幹は中脳・橋・延髄からなります。

延髄には視床下部の指令を受ける自律神経の中枢があり、血液循環、呼吸、嚥下や嘔吐、せきやくしゃみを調節しています。

大脳が情報を処理して判断する「意識的な活動の中枢」であるのに対して、脳幹は人間の「生命を維持する中枢」です。

脳幹.jpg

◎自律神経の場所(延髄)が! 

延髄は、頭の骨の後頭骨と首の骨の1・2番目の骨のあたりに位置しています。

頭を動かす時によく動く場所で、仕事や生活の癖などに影響されずれたり歪みがでる部位です。

もし後頭骨と首の骨の1・2番目がずれると、延髄が歪まされたり圧迫されたりのストレスが生じる事になります。

先ずは、その様な物理的ストレスを解消するために、歪み調整が必要です。

脳矢状断.jpg

 ストレスを感じると情報は全身に伝えられる 

ストレスに自律神経が反応し、交感神経が働き過ぎたり、副交感神経が働き過ぎたり、両方の働きが低下したり・・・。

具体的には下記の様な活動が、働き過ぎたり、働かなかったりします。
 

それが症状と呼ばれるものです。

自律神経表.jpg

自律神経は脳から直接又は背骨を通って各器官に届きます。
 

背骨の歪みも自律神経に物理的ストレスを与えます。

自律神経.jpg

各器官での例

自律神経の作用.jpg

上図から自律神経の症状を推測

●交感神経が亢進していると

・ 急に心臓がドキドキ

・ 蛍光灯程度の光をまぶしく感じる

・ つばが出にくい・口が乾く

・ 手足は冷えているのに汗で湿っている

・ 急に血圧が高くなったりする。

ストレスがかかるとそのストレスを打ち消そうとして、交感神経が頑張ってくれます。

ストレス社会においては、交感神経が働きっぱなしです。

●副交感神経が亢進していると

・ 動くのがしんどい・動けない(心拍数が上がらない)

・ 暗いところで物がよく見えない

・ 大量につばが出る

・ 運動をしていないのに、急に大量の汗が出たりする

・ 低血圧で朝から元気が出なかったり、ふらつく

ストレス過多で交感神経が疲れきってしまうと、セットで働く副交感神経も働けなくなります。

また、普段からあまり外出しなかったり運動しなかったり、活動的な生活をしていないと副交感神経が亢進する事もあります。

 ストレスはホルモン分泌にも影響する 

人間関係などによる精神的ストレスを受けた時は、まず大脳皮質や大脳辺縁系が興奮し、それが視床下部の室傍核に伝わります。

視床下部の室傍核は、ストレスに対応するための司令塔です。

脳のストレス反応縦.jpg

ストレスがかかると、視床下部・自律神経・脳下垂体が様々な器官にはたらきかけて反応をおこします。

1.交感神経が反応 

自律神経の交感神経が亢進する。

「下垂体後葉」からホルモンを放出。

交感神経刺激→下垂体後葉→副腎髄質へと信号が伝わります。

副腎髄質から、カテコールアミン(ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン)を分泌します。

2.内分泌系が反応 

視床下部から分泌を指示するホルモンが出され、視床下部の下に位置する「下垂体前葉」がその刺激を受けてホルモンを放出。

 

視床下部室傍核→下垂体前葉→副腎皮質へと信号が伝わり、下垂体前葉から、成長ホルモン、乳腺刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、性腺刺激ホルモン、副腎皮質刺激ホルモンが分泌されます。

下垂体前葉ホルモン.jpg

◎副腎皮質から分泌されるホルモンの影響 

 

ストレスがかかりっぱなしで、副腎皮質ホルモンが分泌され続けると、副腎皮質ホルモンの材料であるコレステロールが枯渇します。

そうなると、コレステロールを材料としているホルモンが作れなくなり、必要量より少なくなってしまいます。

コレステロールを材料としている代表的なものは、女性ホルモン。

ホルモンバランスの乱れによる女性特有の症状や悩みが出てきます。

生理不順、不妊、更年期障害その他の症状となって現れます。

この様な症状+自律神経系の症状となるので、本人はとてもつらくなってしまうのです。

注:ホルモン分泌の問題ではなく、根本原因は、各種ストレスという事はお忘れなく。

副腎断面図とホルモン.jpg

​◎副腎疲労症候群 

ストレス反応が長期にわたり続くと、副腎が疲弊してしまい働けなくなってしまう状態を副腎疲労症候群と言います。

ストレスがかかっても働けないので、ちょっとしたストレスにも対抗できなくなってしまい、疲労感が強く、元気が出ず、動けなくなったりして、免疫力の低下、うつ病、自律神経障害などが起きやすくなるというものです。

​しかし、最近の研究では副腎疲労ではなく、脳下垂体疲労であるということが言われています。

自律神経を調整するには、

自律神経を制御しているセロトニンを

増やす必要があります。

下垂体疲労には脳活性が必要です。

「セロトニン活性療法」👈

初めての方限定特典

9,900

(税込)

(初診料 2,200円 + 施術料 7,700円)

5,940

(税込)

00443.jpg

40

OFF

1日1名限定

ご予約時にホームページを見たと言ってください

 
電話1 201904~.jpg
LINE予約24時間.jpg
LINE予約こちら.jpg

※当日のご予約はお電話で願いします。

ご予約・お問い合せはこちらへ

営業時間

予約受付時間

10:00~12:30​ 14:30~19:00

​土は17:30まで

ネット予約.jpg

定休日

曜日、日曜日、祝日

LINE予約.jpg

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5 グランシャルム1階