• 口田 栄治

むちうちー4(脳脊髄液循環-頭痛)

最終更新: 10月13日

今回は、3つ前のブログに追加される内容です。


3つ前の内容のおさらい

頭と首の一番上の骨のズレが

脳脊髄液の流れを妨げ

頭の脳脊髄液がいっぱいで内圧が高くなり、

頭痛が起こる。

頭の脳脊髄液の渋滞によって、

新しい血液を送りにくくなります。


結果として、酸欠・栄養不足の状態に。



酸欠からの頭痛


例えば、

高い山に登り酸素が薄くなると

頭痛や吐き気がする事がります。


更に、

背骨(首の骨)のズレによる血管の圧迫が

血流低下に追い打ちをかけます。


そんな、

酸欠・栄養不足の神経細胞が

正常に働けるのでしょうか?

おさらい終わり


脳は正常に働けないと困るので、

血圧を上げて血液を送り込もうとします。

頭と首の一番上の骨のあたりに、

延髄という場所があります。

(ズレで物理的ストレスも)


延髄には酸素と二酸化炭素のセンサーがあり

センサーの情報をもとに

血圧をコントロールしています。



※首の骨のズレが原因不明の高血圧の人の、 原因の一つかも・・・。

体(背骨)の歪みを整えつつ、

血圧に関係の大きい自律神経も同時に

整える必要があります。

せいこう整骨院

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5

グランシャルム1階

© 誠巧整骨院

ご予約・お問い合せはこちらへ

LINE予約.jpg
ネット予約.jpg