• 口田 栄治

むちうち-3(痺れと歪みズレ)

最終更新: 10月10日

焼き魚を食べた時に、 背骨に黒というかこげ茶色というか、

”血合い”の事です。


ご存知でしょうか?

背骨にびっしり付いていますよね。


血管が多く集まり、血液がたまるため

その様な色になっているのですね。


人間も同じと考えて下さい。


背骨の脊柱管を通る神経線維や

背骨に沿っている自律神経など


沢山の神経細胞に

酸素や栄養を供給するために

血管が多く集まっています。


背骨が歪んでズレると血管も同じ様になり、

血流が悪くなったり血管が圧迫されたりします。

酸欠・栄養不足の神経細胞が

正常に働けるのでしょうか?


交通事故の衝撃により首の骨が

少しずれても判断できません。


事故前の画像があれば比較できるかも

しれませんが、


誰も前もってレントゲンやCT、

MRIなんて撮りませんよね。



『神経細胞が酸欠になって出る症状の代表がシビレ』


例)正座の時のシビレ

太ももの裏・ふくらはぎの長時間圧迫は

血管を押しつぶす血流が低下します。 血流低下=酸素不足になった結果

神経細胞から酸欠のサインとして

シビレというサインがだされます。

※注意 シビレは血管の圧迫以外の要素も加味されます。 ①呼吸が浅い

②赤血球の数や運搬能力が低い

③筋肉の緊張による血管の圧迫

④自律神経の緊張による血管の収縮

⑤その他血管を圧迫する要素

などがもともとあると

少しの歪みやズレによる圧迫で

シビレが出やすくなります。

せいこう整骨院

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5

グランシャルム1階

© 誠巧整骨院

ご予約・お問い合せはこちらへ

LINE予約.jpg
ネット予約.jpg