• 口田 栄治

姿勢の悪さ(体の歪み)から・・・

最終更新: 5日前




目次
 
1.良い姿勢とは? 
2.良い姿勢を維持するには? 
3.悪い姿勢 あなたはどのタイプ? 
4.ど~してこ~なるの? 
5.頭が前に出ると  
6.快適で長続きする立位姿勢を保持するには
 




良い姿勢とは?


理想的な姿勢がとれると、姿勢を保

持するために必要な筋活動やエネル

ギー消費が最小になるという特徴が

あります。


要するに、

疲れず楽に立てるという事です。





良い姿勢を維持するには?


★抗重力姿勢


抗重力姿勢とは、重力に抗する姿勢です。


その姿勢を維持するために働く筋肉

を抗重力筋といいます。



★主要姿勢筋


安静立位姿勢では、体幹・内臓の重

さが常に前方にかかろうとするので、


後方から引っ張る力が必要となります。


なので、

体の後面の筋が主要姿勢筋になります。


姿勢が悪かったり、筋力が弱ってく

るとコリや痛み・痺れなどが出てく


るのも体の後面が多い理由のひとつ

でもあります。





悪い姿勢 あなたはどのタイプ?


理想姿勢と比べると、特に骨盤から

上の方に変化が大きく見られます。


不良姿勢と肩こりや首痛、肩痛、

腰痛などの原因の一つになっている

事を理解していただけると思います。

一番違いが分かりやすい部分は頭の

位置ですね。 理想姿勢より頭は前方に位置します。


頭が前にくる

首も前にくる

首の前方の筋肉の短縮

固くなる・短くなる・太くなる

二重アゴや小顔にも関係してくるのです。 猫背だけではすまないのですね。


★どのタイプにも共通する事


□頭と首が前に出る

□ストレートネック

□二重顎

□背骨(首~腰まで)のカーブが強く

□なったり弱くなったり

□骨盤の傾き

□重心のズレ

□胸が垂れる

□お腹周りが太くなる

□お尻周りが垂れる





ど~してこ~なるの?

★座っている時の姿勢から


本来ヒトは二足歩行に適した骨格と

筋肉になっています。


座っている生活より立って生活する

のに適した骨格と筋肉になっている


のですが、椅子に座る生活が普通に

なっています。


椅子に座る事に適した骨格と筋肉で

ないので姿勢を崩しやすくなります。


しかも立っているより座っている時

間が長くなれば悪い姿勢を固定して

いるようなものです。



★抗重力筋の筋力が低下する原因


①運動不足


ヒトの体で使わないとこおろは退化

していきます。


働けなくなった細胞や役目のない細

胞は、アポトーシスといって死んで

いきます。


使わない筋肉は減っていき筋力低下

します。



②タンパク質不足


筋肉といえばタンパク質というイメ

ージはすぐに浮かぶでしょう。


動的平衡といって、新鮮な状態を維

持しています。


古くなった部分を壊してそこに新し

いものに置き換え、新鮮な状態を保

っています。


壊した時に再利用するのですが、

100%再利用ができずロスが出て

しまいます。


そのロス分は食事から補給する必要

があるのです。


その補給量が少なければ維持できず

減っていく事になります。


タンパク質不足や筋肉についてはこちら←


糖質制限でも筋肉量が減ります こちら←



③ストレスや疲労によるセロトニン不足


脳神経伝達物質のセロトニンは抗重

力筋に働きかけます。


セロトニンが不足すると抗重力筋の

働きが弱り筋力が低下します。


そうして重力に対抗できなくなり

姿勢が崩れていくのです。


セロトニンが不足する原因は、

肉体的ストレスと精神的ストレスです。


※セロトニンは自律神経を制御して

いるので、セロトニン不足では、全

身に色んな症状がでてくるのです。


セロトニンをドバドバ出すセロトニン活性療法はこちら←





頭が前に出ると


①ストレートネック

首の骨は7コあるのですが、7コで

ゆるやかな前弯カーブを作っています。


ストレートネックになると、首の上

の方の一部の骨だけでその前弯カー


ブを作っていかないといけない事に

なります。


首の骨の周りにはいろんなものがあ

ります。


・神経

・血管(リンパ)

・筋肉

・皮膚

・気管

・食道


それらに物理的なストレスがかかる

事になり様々な症状が出ます。




②肩こり・首の痛み

下アゴから舌骨を経由し肩甲骨に繋

がる筋肉があります。


下アゴの先から首を通って背面の肩

甲骨までのラインに影響をえます。


首と頭が前に行くので首の後ろの筋

肉は引っ張り返そうと緊張した状態


になるので疲労・痛み・コリに繋が

ります。



③頭痛




④顎関節症




⑤二重アゴ


舌骨の下制と下顎の後方変位の状態

になるからです。


簡単に言いますと、ご自身で二重ア

ゴを作ってみてください。


おそらくアゴを引いた状態を作るの

ではないでしょうか。


それが自然とそのようになってしま

っているのです。





快適で長続きする立位姿勢を保持するには



①安定性

姿勢保持のために力を入れずにいら

れるバランスの安定した状態


②非対称性

左右対称の同一姿勢より、休めの姿

勢の方が両足の幅が広がり、バラン

スが安定します。


③交代性(姿勢変化)

同じ姿勢を維持すると筋肉が緊張し

た状態で血行不良が生じます。


姿勢を変化させ筋肉の緊張の変化で

血液循環も変化させることで筋疲労

が軽減します。


例えば、

休めの姿勢などで左右の足の交代を

させながら立つ方が長続きします。


せいこう整骨院

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5

グランシャルム1階

ご予約・お問い合せはこちらへ

LINE予約.jpg
ネット予約.jpg

© 誠巧整骨院