• 口田 栄治

気お付けよう、そのストレッチ 6


今回のテーマは、 『ストレッチで痩せるの?』 です。 ストレッチを行っても、 実施中のエネルギー消費量は 安静時より 20%程度しか増えません。 有酸素運動が 安静時の 400~1000%も増えることと比較すると、 その差は歴然。 部分的な運動のため あまりカロリーを必要としない 筋トレでさえ、 200%程度増えます。 運動の強さ(強度)としては 筋トレの1/10、 有酸素運動の1/20~1/50に過ぎず、 散歩程度のレベルなのです。 例えば 60kgの人が 1時間 みっちりストレッチを行っても、 エネルギー消費量は 130kcal程度、 体脂肪に換算すると 20g程度しか消費しません。 ただし、 同じストレッチでも サッカーのブラジル体操や ラジオ体操の様な 動的ストレッチを行うのであれば、 有酸素運動に近くなり、 運動中の消費エネルギーは 300%程度アップします。 ストレッチで 基礎代謝が上がる という事もありません。 筋肉は 体温をつくる 熱発生装置ですから、 筋トレをすると 基礎代謝が上がります。 一般的に 筋肉1kgで 30kcal(1日当たり)の 熱を発生するといわれています。 しかし、 ストレッチの直接的な効果は あくまでも筋肉を柔らかくし、 関節が大きく動くようにする、 つまりは 柔軟性を高めることにあります。 どんなにストレッチしても脂肪は燃えません。

#ストレッチ

せいこう整骨院

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5

グランシャルム1階

© 誠巧整骨院

ご予約・お問い合せはこちらへ

LINE予約.jpg
ネット予約.jpg