• 口田 栄治

体が疲れやすい=柔軟性不足?


体が疲れやすい原因の一つ として 柔軟性不足が考えられます。 私たちは 体を動かす時に、 筋肉を収縮させるわけですが、 その筋肉と 反対の働きをする 筋肉(拮抗筋)が 硬いと これが抵抗になってしまうので、 より大きな力を 出ださなければなりません。 余分にエネルギーを 消費する事になります。 柔軟性の高い人は、 柔軟性の低い人に比べ、 無駄なエネルギーを使わなくなる、 つまり体の効率がよくなるわけです。 柔軟性の低い人は、 日常生活において、 物を拾い上げる、 つり革を持つ、 椅子に座る、 といった 様々な場面で 余分な力を 使わなければならず、 その分、 疲労しやすいのです。 日常生活で疲れやすいと感じているなら、 原因の一つは 柔軟性不足によるものかもしれません。 注: 体の極端に柔らかい人も、 疲れやすくなります。 それは、 柔らかいがために、 関節を安定させる ための 余分な力が必要と なってくるためです。 その場合は、 筋力UP(筋トレ)が 必要となってきます。

#ストレッチ

せいこう整骨院

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5

グランシャルム1階

© 誠巧整骨院

ご予約・お問い合せはこちらへ

LINE予約.jpg
ネット予約.jpg