• 口田 栄治

まとめ3 脱力


筋肉自体には収縮する能力しかないので、 筋肉を伸ばすには、 他の力によって引っ張られることで ストレッチされる必要があります。 この時、 伸ばされるべき筋肉に 力が入ってしまうと 綱引き状態になり 筋肉はうまく伸びません。 伸ばす筋肉を意識してはいけない のはこのためです。 自分の他の筋肉を使って 引っ張るとそうなってしまうので、 出来るだけ筋肉がリラックスした状態を 作り出す必要があります。 筋肉がリラックスした状態で伸ばす方法として、 重力の力を利用することが効率的です。 そのためには 身の回りの物を使うという 方法もあります。 例えば、 太ももの裏側の筋肉を 伸ばしたい時。 床に脚を伸ばして座り、 状態を前に倒していきますが、 体を前に倒すための力を 重力に頼る場合、 お尻の位置を高くしてあげる事で 上半身の重さ(重力)を 利用する事ができます。 具体的には、 お尻の下にクッションを敷いたり 椅子に浅く座って体を前に倒すと 自分の他の筋の力を使わずに 太ももの裏の筋肉を伸ばす事ができます。 身の回りの物を利用して 楽にストレッチできる方法を 探してみましょう。

#ストレッチ

せいこう整骨院

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5

グランシャルム1階

© 誠巧整骨院

ご予約・お問い合せはこちらへ

LINE予約.jpg
ネット予約.jpg