• 口田 栄治

まとめ7 動的ストレッチ


「反動=反対動作」をともなう 動的ストレッチには 血液の循環を促し、 その結果 筋温を上げるという 優れた効果があります。 また、障害予防という観点でも、 動的ストレッチは 大切です。 肉離れや腱の断裂は、 筋肉や腱が 急激に伸ばされた時に 起こりやすく、 予防するには これに近い状態を 行う必要があります。 そして、 柔軟性を求められるのは、 動いているとき。 スポーツはもちろん、 日常生活でも、 高い所の物をとろうとして 腕を上げる時や 物を拾おうとして屈むときなど、 「動的柔軟性」が求められます。 肉離れや腱の断裂などのケガは、 動的柔軟性を 発揮している時に 起こっています。 短期間で柔軟性を高めたいという場合、 静的ストレッチと 動的ストレッチを 組み合わせて行う方法を おすすめします。 この方法は 静的ストレッチだけを行うよりも 多くのエネルギーを使い、 時間もかかりますが、 狙った筋肉を より深く伸ばすことができます。 注意: 動的ストレッチで 激しく反動をつけて行うと、 筋肉が予想外に伸ばされて 傷つく可能性があります。 無理に行わないようにしましょう。

#ストレッチ

せいこう整骨院

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5

グランシャルム1階

© 誠巧整骨院

ご予約・お問い合せはこちらへ

LINE予約.jpg
ネット予約.jpg