• 口田 栄治

あまり意識した事のない筋肉のストレッチ


あまり意識された事が無いと思われる筋肉の ストレッチについてですが、 今回は、 その筋肉についての 簡単なおさらいからです。 その筋肉は、 「横隔膜」 です。 膜と呼ばれていますが、 腕や足についている筋肉と同じ種類の 骨格筋です。 呼吸は、 横隔膜の 収縮と弛緩によりるもので、 肺自体が 膨らんだり 縮んだりしている 訳ではありません。 肺はガス交換しているだけ。 血液中の 二酸化炭素を排出し、 酸素を 血液中に取り込む 事をしています。 そして、 息を吐いている時は、 横隔膜が弛緩している時で、 横隔膜は上に上がっています。 息を吸っている時は、 横隔膜が収縮している時で、 横隔膜は下に下がっています。 この横隔膜が縮んでしまうと 本来の位置より 下がった状態になってしまい、 そこから横隔膜が収縮しても 呼吸が浅くなり 入ってくる酸素の量が 減ることになります。 人は 60兆個からなる細胞で 構成されています。 そう考えると 酸欠の細胞 いるかも知れませんね? さあ、 深呼吸をして 横隔膜を 大きく動かしておきましょう。

#ストレッチ

せいこう整骨院

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5

グランシャルム1階

© 誠巧整骨院

ご予約・お問い合せはこちらへ

LINE予約.jpg
ネット予約.jpg