• 口田 栄治

あまり意識した事のない筋肉のストレッチ 4


横隔膜が動かなくて上の臓器にあたえる影響 左右それぞれの肺は胸膜という膜に覆われています。 胸膜の下側は横隔膜と繋がっています。 右の胸膜と左の胸膜の中間に「縦隔」と呼ばれる場所があります。 その縦隔に心臓があります。 心臓は心膜という膜に覆われています。

右の胸膜と左の胸膜と心臓の心膜は繋がっています。 という事は その1 横隔膜が下に引っ張られると心膜が緊張する事になる。 結果、

心臓を検査しても異常はないが不整脈などの症状が現れます。 その2 横隔膜が下に引っ張られると胸膜が下に引っ張られ肺が緊張します。 結果、 深呼吸ができなくなり呼吸が浅くなり階段を上っただけで息が切れたり、 疲れやすく疲れがとれにくくなる。 背中を丸めて生活していると、

横隔膜が押さえつけられ横隔膜が動かなくなり、 いろんな症状が出てきます。 さあ、 姿勢を正して生活し、 深呼吸をして横隔膜を大きく動かしましょう。

#ストレッチ

せいこう整骨院

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5

グランシャルム1階

© 誠巧整骨院

ご予約・お問い合せはこちらへ

LINE予約.jpg
ネット予約.jpg