• 口田 栄治

あまり意識した事のない筋肉のストレッチ(なぜ深呼吸?編)


途中ですが、

「なぜ深呼吸することが大事なのか?」

を書いておきます。

ガス交換の際の絶対的なルール 呼吸一回の換気量は 安静時で約450~500ml。 成人男性の肺活量は3000~4000mlくらい。 機能的残気量 といって息を吐いても 肺の中には空気が残るように なっています。 そのため3000mlすべてが 換気に使われることはありません。 肺呼吸に関して簡単に説明すると 例えば、 一回の換気量が 浅く速い呼吸が約250ml 深くゆっくりな呼吸が約1000ml とすると 当然「浅く速い呼吸」では その分回数が多くなり 「深くゆっくりな呼吸」では その分回数が少なくなります。 なので1分あたりで考えると 浅い呼吸が32回前後 深い呼吸だと8回前後 とすると、 単純にかけ算して 浅い呼吸は 250ml×32回=8000ml 深い呼吸は 1000ml×8回=8000ml どちらも1分あたりに ガス交換される量は同じ! ってなりそうですが・・・ そうです。 『すべてが換気に使われることはありません』 それは、 「死腔」という存在! 私たちが空気を吸っても 一部の空気150mlくらいは 気道にとどまって 肺までいかないので 実際に肺でガス交換されるのは 安静時で約350ml程度 だといわれています。 どんなに深呼吸して大量の空気を 取り入れても この死腔量150mlは変わりません。 つまり 浅い呼吸は (250ml-150ml)×32回=3200ml 深い呼吸は (1000ml-150m)×8回=6800ml ちなみに安静時呼吸では (500ml-150ml)×16回=5600ml ガス交換量でいうと これだけの違いが出てきます。 私たちの脳は取り込んだ酸素の 30~50%を消費している と言われていますが 脳にとって必要な酸素供給量が 呼吸の仕方一つで 倍近い差が出てしまうわけです。 もちろん、脳に限らず 全ての組織の細胞に 酸素は不可欠ですよね。 呼吸の浅い人は 呼吸の回数=胸郭運動を しなければなりません。 要は吸って吐いての運動を たくさん行う必要があるのです。 そして その際に胸郭の上下運動が 伴うのですが それには横隔膜や 内肋間筋、外肋間筋といった 筋肉の収縮が必要で 呼吸の浅い人は 胸郭運動の回数が多いため 筋疲労と筋緊張も強く 余分なエネルギーを消耗し 疲れやすい悪循環に ハマっていきます。

悪循環にハマらない様 深呼吸をして 大きく胸郭を動かせる様になって 1回で沢山のガス交換ができる 訓練をしておきましょう。

#ストレッチ

せいこう整骨院

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5

グランシャルム1階

© 誠巧整骨院

ご予約・お問い合せはこちらへ

LINE予約.jpg
ネット予約.jpg