• 口田 栄治

飲み水と健康な体 - 1


私たちの体は

口から取り入れた物から作られています。

理論上、

ものを食べなくても数週間は生き続けられ、

水をとならければ

わずか10日間で死んでしまう事になります。

生命の維持に関わる水、

体の大半を占める水と体と健康について

書いていきたいと思います。

生まれたばかりの赤ちゃんの体は約80%が水分、

成人で体重の60%、

高齢になると50%台まで減ってしまいます。

体の半分以上を構成する水の量と質(良し悪し)で、

心身の状態が変わる事を

なんとなくでも理解頂けるかと思います。

水は、

体内に入ると血液やリンパ液となって

体をめぐりながら、

栄養や酸素を運んでくれています。

同時に

老廃物や毒素の排泄も行っています。

また、

体温や体内の浸透圧を一定に保ったり

血圧や血糖値などが

常に一定に保たれているように

働いてくれてもいます。

水は体中をかけめぐり

体内の機能に乱れが生じないよう

一瞬も止まることなく

働き続けてくれています。

私たちは、

毎日約2.5Lもの水を出し入れしています。

さあ、今日は

どんな水をどれぐらい飲みますか?

#水と体

せいこう整骨院

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5

グランシャルム1階

© 誠巧整骨院

ご予約・お問い合せはこちらへ

LINE予約.jpg
ネット予約.jpg