• 口田 栄治

飲み水と健康な体 - 3


カルシウムの豊富なアルカリ性の天然水がおススメ。

カルシウムを豊富に含む

アルカリ性の水を日常的に飲んでおくと

脳梗塞や心筋梗塞で死亡する確率が

低くなる事が明らかにされています。

ところで

カルシウムパラドックス

という説をご存じでしょうか?

カルシウムの摂取量が不足すると、

カルシウムが過剰になる

という現象を表した言葉です。

不足したら過剰になる???

どーゆーこと?って感じですよね。

体内に存在するカルシウムのうち

約1%は筋肉や神経、体液に存在しています。

この1%のカルシウムが非常に重要で、

血液の凝固(ケガなどで出血した時に固まって出血を止める働き)

筋肉の収縮をうながす

酵素を活性化させる

心臓が正常に働くよう支える

などです。

即、命にかかわる問題が起きてしまうので、

そうならない様

1%のカルシウムが減ってしまうと

緊急事態となり

骨に含まれるカルシウムを血液中に出していきます。

この時、必要以上に血液中にカルシウムがだされてしまい

血管の壁に付着し血管壁の弾力性を奪い、

動脈硬化を起こしやすくします。

この他には

骨粗しょう症があります。

骨からカルシウムを余分に取り出してしまうためです。

そして、

余分なカルシウムは骨に戻されず

尿中に排出されてしまいます。

これを繰り返し

骨からカルシウムがどんどん減っていき

骨がカスカスの骨粗しょう症となります。

この様な話をすると

「毎日牛乳飲んでるから」

と切り返される事が多いのですが。

残念ながら・・・牛乳は・・・。

つづく

#水と体

せいこう整骨院

〒557-0044

大阪府 大阪市 西成区 玉出中 1-15-5

グランシャルム1階

© 誠巧整骨院

ご予約・お問い合せはこちらへ

LINE予約.jpg
ネット予約.jpg