• 口田 栄治

知ってました?姿勢は柔軟性に左右される事を




目 次

1.姿勢と柔軟性の関係
2.「姿勢」は技術の一種
3.姿勢は日常生活の結果
4.取り返しがつかなくなる前に!


姿勢と柔軟性の関係



柔軟性は姿勢に大きく関わっています。 良い姿勢の人は健康的に見えますし、 綺麗に見えます。 私たちの体は、骨でささえているよ

うに思われがちですが、骨だけで直


立することはできません。

骨を筋肉が支えています。 グラグラだった赤ちゃんの頭が、筋

肉がしっかりしてきて「首が据わる」


ように、筋肉がついてくることで、 私たちの体は安定しています。

しかし、私たちの体の前後左右の筋

肉の柔軟性がアンバランスだと、硬


い筋肉のほうに体が傾いて歪んでし

まいます。 例えば、パソコンやスマホ、ゲーム

などの操作の時間が長くなり、背中


の丸まった姿勢では、お腹の筋肉や 胸にある筋肉など縮んだ状態が続く


ことになり、これを長期間続けると、 その結果、どんどんこれらの筋肉の 柔軟性が失われてきます。

そして、背筋を真っすぐに伸ばして

いるつもりでも、短いロープのよう


に硬くなったお腹の筋肉や、胸にあ

る筋肉が背骨を前方に傾けてしまい、 自ずと猫背になってしまうのです。





「姿勢」は技術の一種


野球のピッチング、サッカーのキッ

クでも、正しい動きを何百回、何十


日も反復することによって習得され

ます。

姿勢の習得、定着も全く同じメカニ

ズムです。

間違った姿勢を毎日繰り返せば間違

った姿勢が定着し、正しい姿勢を繰


り返せば正しい姿勢が定着すること

になります。

正しい動きも正しい姿勢もベースと

なるのは、筋力や柔軟性などの体力

です。

例えば、正しいピッチングを覚えよ

うとしても、肩の柔軟性が低ければ、


腕の動きは小さくなります。

技術練習の反復と同時に、ストレッ

チによって肩の柔軟性を高める事が

大切です。





姿勢は日常生活の結果


姿勢を修正するには日常の中で、意

識的に正しい姿勢を保つ時間を長く


することが大切です。

しかし、そうしようと思ってもお腹

や胸の筋肉の柔軟性が低いと、徐々


にそちら側に傾いてしまいます。


そのため、硬くなってしまった筋肉

の柔軟性を高める必要があります。


例えば、猫背を改善するには、意識

的に背すじを伸ばした良い姿勢をつ


くるとともに、お腹や胸の筋肉の柔

軟性をストレッチによって高めてあ


げなければなりません。





取り返しがつかなくなる前に!


意識すれば改善する不良姿勢は「機

能的不良姿勢」といって、正しい姿


勢とストレッチにより修正が可能です。

しかし、この機能的不良姿勢が何十

年と続いてしまうと、「構造的不良


姿勢」というやっかいな状態になり

ます。


そうなると、骨の変形、関節の構造

変化が起き、意識やストレッチでは


修正不可能な状態になります。


外科手術で骨の形を元に戻さない限

り治りません。

取り返しがつかなくなる前に修正の

きく段階で、しっかり意識とストレ


ッチによって機能的不良姿勢の段階

で、改善しておきましょう。



ストレッチのコツはこちら


ストレッチで修正不可能な時はこちら