• 口田 栄治

ムムッ?免疫は自律神経の影響をうけている!!

最終更新: 4月22日




目 次

1.自律神経
2.自律神経と免疫系の関係
3.現代社会は交感神経優位
4.自律神経を整える=免疫力UP
 ・セロトニンは自律神経を整える神経伝達物質
5.結論
 


自律神経


自律神経には交感神経と副交感神経

があり、全身にはりめぐらされてい

ます。


心臓、血管、肺、胃、腸、子宮、膀

胱などその他全身を制御拮抗する働

きがあります。


図には載っていませんが、自律神経

は血管やリンパにもつながっています。


血管やリンパは全身にはりめぐらさ

れているので、全身を制御している


といって過言ではないのです。





自律神経と免疫系の関係


交感神経は、アドレナリンを分泌し、

顆粒球は活性化し増えます。


顆粒球:

細菌など粒子の大きい抗原(花粉な

ども含まれます)を処理します。


副交感神経は、アセチルコリンを分

泌し、リンパ球は活性化し増えます。


リンパ球:

がん細胞・ウイルスなど微小な抗原

を処理します。





現代社会は交感神経優位


①交感神経の働きが多くなるとアド

レナリン分泌が増えます。


アドレナリンに顆粒球が反応し増え

る事で、アレルギー症状がでやすく

なります。



②副交感神経の働きが少なくなるの

で、アセチルコリンの分泌が減少し、


リンパ球の反応が下がるので減少す

るので、がんやウイルスを駆除する


事が減ってしまい、がんが成長した

りウイルスに感染しやすくなります。





自律神経を整える=免疫力UP


免疫力を上げて、感染を防ぐ又は軽

症で済むようにしたいですよね。


免疫は自律神経の影響が大きいので

自律神経が整っている事が大事だと


いう事が、なんとなくでも理解して

頂けたと思います。


その自律神経はセロトニン(幸せホ

ルモン)に制御されているのです。



セロトニンは自律神経を整える神経伝達物質


セロトニン神経細胞は自律神経の中

枢である延髄に投射されており、脳


全体にも投射されています。


自律神経を制御している神経伝達物

質セロトニンがしっかり分泌されて


いる状態にしないといけません。


①セロトニンは自律神経を制御して

おり、不足すると自律神経が乱れる。


②自律神経は免疫系を制御しており、

自律神経が乱れると免疫系も乱れる。


③よって、セロトニン不足で免疫系

は乱れる。



※注意


セロトニンは、ストレスがかかりす

ぎたり疲労が過剰蓄積すると、セロ


トニン神経細胞が疲弊し、セロトニ

ン分泌が不足してきます。


そうなると、なかなか自力で増やす

のが難しくなってきます。





結論


セロトニンをしっかり出して、自律

神経の乱れを整え、免疫系を整える。





セロトニンをしっかり出す整体

『セロトニン活性療法』の詳細はこちら