• 口田 栄治

なかなか痩せない理由は・・・

更新日:2021年11月22日




目次

1.人は生き抜くために太る
2.痩せるとは
 痩せる簡単な2つの理由
3.一般的にダイエットというものは
4.消費するエネルギーを増やしましょう


人は生き抜くために太る


人は生き抜くために食べたものを脂

肪に変えて、身体に蓄えるように進


化してきました。 消費するエネルギー < 摂取したエネルギー

で、余った分を身体に蓄えるように

なっています。


そして、脂肪を蓄えることができた

人だけが生き延びてきたのです。


脂肪を身体に蓄えることは、素晴ら

しいサバイバル能力なのです。


私たちにはその能力がDNAとして引

き継がれています。 しかし、現代では脂肪がたまりすぎ、

そのことによって病気になったり、


悩んだりしてしまうのですね。


ダイエットは生き延びることに相反

する行為なので難しいのでしょうね。



痩せるとは

では、「痩せること」「体重の減少」

は、どのような仕組みで起こるので


しょうか?


ズバリ!!


消費するエネルギー > 摂取したエネルギー

であれば人は必ず痩せていきます。

痩せる簡単な2つの理由

①臓器の故障


特に消化器系の臓器又はその他の臓

器が単体、または複数に故障がある


場合


②身体が飢餓状態になったとき


体内に食べ物が送り込まれないとい

う状態に陥ったとき

普通はこれ以外で痩せることはあり

ません。


本来、痩せていくことは・・・


身体にとって必ずしも良い状態では

ないのです。


医学的に”痩せ”という言葉は病的な

ことを意味するという事を殆どの方


は知らないと思います。


その意味を知っているはずのお医者

さんでさえ、"もうちょっと痩せまし


ょう”と指導するぐらいですから・・・

一般的にダイエットというものは

①臓器の故障、②身体が飢餓状態を

人為的に作り出しているものです。


○○の吸収を抑える系、○○OFF系、

食事制限系・・・

知恵を使って①②と同等の作用を作

り出そうとしているのですね。


が、果たしてそれは・・・


あなたの体にどれくらいの負担を与

えているのでしょうか。


”肥満と病気はセット”ですが、その

反対の”痩せと病気もセット”です。


単に「体重を減らすこと」を目的と

するだけでなく、痩せるときの負担


を知っていただき、正しい知識と理

論をもって健康的なダイエットをし


ないといけません。

消費するエネルギーを増やしましょう

動いて身体に蓄えたものを消費しま

しょう!


ということですが、


□すぐ疲れて動けない

□運動する時間がない

□ダイエットを始めても続かない

□なにをしたらいいか分からない

□今まで色々試してみたけど効果なし


という方は当院にご相談ください。


・不良姿勢で骨格が太りやすい状態

になっている?


・細胞レベルでの活動低下で代謝が

落ちている?


・ビタミンミネラル不足で代謝が回

らなくなっている?

それぞれやり方が違ってきます。